レディ

医療事務の資格を取得しておけば就職に有利です

  1. ホーム
  2. 日本の医療の根幹

日本の医療の根幹

メンズ

チーム医療という言葉があるように、日本の医療は職種を超えて診療にあたっています。医師や看護師はもちろんですが、根幹になるのが診療放射線技師ではないでしょうか。病巣や進行度を決定するにあたり、診療放射線技師の判断力が必要不可欠になっています。レントゲンやCTの精度は格段にアップしていて、それに伴って技術の向上が求められています。診療放射線技師になるには、かつては専門学校に通うことが当たり前でした。しかし、現在では大学に通う生徒が増えています。四年間という長いスパンで学ぶことが出来ますし、人間関係を形成して行くことが、患者さんとのコミュ二ケーション形成にも役立つのではないでしょうか。大学で学んだ後に、国家試験を受けることになります。

診療放射線技師の就職先としては、総合病院や個人の医院が中心になります。心臓外科においては、造影剤を使っての検査が一般的になっています。大学で学んだ知識と経験が、最先端の検査に役立つのではないでしょうか。そして、診療放射線技師にとって最も大切なことが、放射線に関しての取扱いではないでしょうか。東日本大震災で証明されたように、放射線は扱い方を間違えると命の危機がある物質です。大学では放射線に関しても学ぶ時間が多いので、その辺りも進学する意味があるのではないでしょうか。超高齢化社会に突入している日本ですが、その根底にあるのは医療技術の向上です。診療放射線技師の育成は、早急な課題と言えるのではないでしょうか。